last updated:2010年10月14日 01:33  [RSS] [VALID RSS!]
2005年10月07日

二代目、こだわりの装束

アジャリ

人は生かされ生きている。
~生前に自分の死装束をつくることは~

往来(ゆきき)
 生地は羽二重(はぶたい)を使用しています。普通の反物よりも若干幅を広くした特別に作っていて頂いている反物を使用しています。
 絹は桑の葉を食べる虫、蚕から吐く糸です。古来より、桑の木は魔よけとされ、その葉から出来る絹もまた魔よけの力があるとされています。生地は黄ばみにくい加工を施しています。

鳳凰・カサ・マクラ
小冊子をご覧下さい。

ぞうり
手作りで仕上げています。鼻緒部分は絹の生地で作っております。

手甲・脚絆・足袋
 手甲・脚絆は、往来と同じ生地を使用しています。
 足袋は、羽二重の生地でこはぜがなく、紐付きです。

六文銭
一文銭を6枚、ご用意させて頂いています。

塗香
香りを三種類、ご用意させていただき、その中からお好きな香りを選んでいただきます。

剣・鬱金の鞘
 剣も特別に作っております。
 鬱金の鞘は、使用直前まで防虫の作用がありますので、すべての商品を包み込んで保管させていただきます。

桐の箱
 長期保存のため、厚さ13ミリの桐の箱をご用意させて頂いています。

風呂敷
 桐の箱が大きいので、大判の風呂敷をご用意させていただきました。

以上がアジャリの説明になります。
小物を含め、ほとんどの商品が手作りでご用意させて頂いています。

アジャリができるまで。

くわしくは、京染の池永までご連絡くださいませ。
大分市上野ヶ丘西4-13
TEL 097-545-6711
FAX 097-545-6896


投稿者: atsumi 投稿時間: 14:44

皆様のご意見・ご感想



皆様のご意見をお聞かせください










上記の設定を自分のブラウザに保存しますか?